あなたの老後は大丈夫?今からでも遅くない老後貯蓄の方法とは

   

6e3653713ebbf1cee9925f67e89f22fa_s

誰でも迎える老後の為の資金計画皆さんはどのようにしていますか?まだ自分には関係ないと何もしていない人、退職金で何とかなると思っている人も多いでしょう。
しかし今後はあてにしている退職金や年金も十分に貰えるかどうかわかりません。国や社会だけに自分の老後をゆだねるのは危険な考えだと言えるでしょう。安心して老後を送る為に必要な貯蓄額や、貯め方などについてみていきましょう。

【老後の平均的な生活費】

厚労省の調査によると平均的な高齢夫婦の1か月の生活費は26万9千円と報告されています。
それに対し夫婦の1カ月の収入は21万6千円ですから毎月5万3千円年間で計算すると72万円の赤字になり年金だけでは生活できない事がわかります。定年後夫婦で20年生きる事を想定すると1,440万円の貯蓄が必要になります。
一人暮らしの高齢者では1か月の生活費が平均で15万5千円になり、収入は12万7千円で毎月の赤字額は2万8千円になり老後20年間一人暮らしをすると想定しても672万円必要になります。
しかし、これ以外にも家の修繕費や医療費、有料老人ホームの費用、など若いころには必用なかった想定外の費用が多くかかる為生活費以外の支出がある事を忘れてはいけません。

【サラリーマンか自営業者か】

年金の受給額はサラリーマンか自営業者でも全く違ってきます。自営業で国民年金だけの人は支払ってきた額が少ない為将来貰える額も当然サラリーマンより少なくなります。ですからこの分を貯蓄しておく必要があります。
実際の平均額は、サラリーマンは20万円前後なのに対し自営業者は5万5千円ですのでおよそ4分の1になります。
また今後年金額も減る事が予想され、支給開始は引き上げられる可能性がありますので退職後無収入になった場合の生活費の捻出計画を立てておく必要があります。

【今から備える老後の資金】

安心した老後を送る為には夫婦ですと3千万円程度の貯蓄が必要でしょう。もしあなたが今30歳なら毎月老後の為に2万円ずつ貯めていくと60歳になった時には720万円貯まっている計算になります。
65歳までに1,400万円貯める事を目指して40歳からなら月々5万円、30歳からですと月々3万円3千円程度の貯蓄を続けていきましょう。

月々貯蓄する事が難しい人は民間の保険などを利用して今からコツコツと準備する事が安心な老後を送る為には大切な事です。

【まとめ】

老後の生活の為に必要な金額は大体わかったでしょうか?老後の貯蓄を始めるのは早ければ早いほどいいです。
無理なくコツコツと継続していく事が大事ですが、今は元気な高齢者がとても多いので定年後も元気であれば働く事も考えてみてください。

そうすればあなたの老後の生活は更に明るくなる事でしょう。

 - 老後資金

  関連記事

  おすすめ記事