コレステロールの基準値って?新しく変更になった正常値とは

   

904118868e5014fe52e6b43a62294cea_s

今まで、コレステロールの基準値は、バラバラで、健康診断時などにはそれぞれの基準値で判断をしていたのです。

ですから、健康診断を受ける場所によって、数値が同じであっても、正常値内で、異常なし、という結果がでる人と、正常値を超えて、再検査の必要があるという結果になる人が現れ、検査結果の信憑性が疑われるようになったのです。

 

それでは、新基準や、変更になった正常値についてみていきたいと思います。

 

【コレステロールの新基準】

2014年4月、日本人間ドッグ学会と、健康保険組合連合会が検査した人たちのデータをもとに、血圧や、BMI,血糖値、コレステロール値などの数値に対して、新しい基準値を公表しました。

 

これによって、新基準値は「総コレステロール」が男性、151~254、女性は年齢によって細かく区別され、30~44歳が145~238、45~64歳、163~273、65~80歳は、175~280と分けられました。

 

今までは、男女の別もなく、一律140~199とされていました。新基準へと、変更されたポイントは、男女の区別がされ、女性は年齢によっても区別されるようになった点です。

 

【LDLコレステロール値】

LDLコレステロール値についても、新基準になりました。こちらも男女で区別され、女性は年齢によっても分けられています。

 

男性は、72~178、女性は、30~44歳が61~152、45~64歳、73~183、65~80歳84~190となっています。

従来の基準値が60~119でしたので、大幅に正常値が拡大されたことと、女性は、年齢があがるにつれて高くなっている事もわかります。

 

【LDLコレステロールとは】

LDLコレステロールは、悪玉コレステロールと言い、本来肝臓で処理する余分なコレステロールを体内に放出する、働きがあります。

主に、脂っこい食事を多く摂っている人はLDLコレステロールが高くなる傾向がありますので、注意が必要です。

この数値が高くなると、一番に起こりやすい病気は、脂質異常といい、血管を流れる血液がドロドロになって、血管が詰まりやすくなります。その結果、高血圧、動脈硬化、腎臓疾患、心疾患など大変危険な病気を発症するリスクが高まります。

 

 

【まとめ】

新基準値になって、正常値の範囲が拡大されたからと言って、油断をせずに脂質異常の傾向のある人は、普段の食生活の見直しや、運動不足を改善し、このような病気のリスクを減らす事が重要です。

LDLコレステロール値が高い人は、体脂肪や、中性脂肪、総コレステロールも高くなる傾向にあります。

 

脂っこい食事を避け、魚や、野菜を積極的に摂るようにしましょう。

 

 - 健康

  関連記事

  おすすめ記事