幼児教育において家庭環境が大きく作用する原因とその問題点

   

2841410680392704efc2abf70cb9c600_s

人の知性は遺伝的要素と環境的要素が大きく関係してきます。すなわち、その人の知性は生まれ持った遺伝的なものと、生まれてからの自身を取り巻く環境の影響を大きく受けて大人へと成長するのです。人間の脳の発達を考えると幼児における教育はとても重要でその人の一生を左右するほどのものであると言えます。
今お子さんを育てている方は勿論ですが、様々な方に幼児教育とその環境が与える影響などについて知ってもらいたいと思います。

【幼児期に環境が与える影響】

例えば、親が音楽家やスポーツ選手であっても子供が音楽やスポーツと無縁の環境で育ったら子供は音楽的刺激や影響を受けずに育つため遺伝的に才能があってもその子供は音楽家にはなれないでしょう。スポーツにおいても同じ事が言えます。

しかし、常に音楽やスポーツに触れてよりよい環境の中でよい影響を与え続けたらその才能は開花するでしょう。このように親や環境からの影響は遺伝的な影響よりも大きく作用するのです。
特に0~3歳ころにおいては、子供は親が矯正しなくても無意識のうちにあらゆる事を吸収します。その後小学生になる頃までは繰り返し行う事を楽しみここから興味や関心やる気が生まれるのです。
ですから幼少期には色々な場所へ行き、色々な事を経験させる事で子供の脳は大人が思っている以上に発達をしていくのです。

【幼児教育の問題点】

幼児教育を考えた時、親がどれくらいその必要性を意識して子供によい環境を与えてあげるかまたそのような環境を用意できるかが問題になってきます。
幼児教育とはまず親への意識改革なのです。子供は生まれてから社会に出るまでそのほとんどを家庭で過ごす事になります。一番身近な家庭という環境において私たち大人がいかにして子供によい環境を与えそこに力を注ぐことができるかが幼児教育の鍵になってきます。
しかしながら格差社会、子供の貧困などと言われる悲しい現実があるのも事実です。いくら親が子供の幼児教育の必要性を理解していても、一部の恵まれた家庭のみが幼児教育を受ける事ができ貧困層には十分な幼児教育が行き届かないという問題点があるのも事実でしょう。
今後このような格差にどう対応していくかが幼児教育を考える上で大きな課題になってくるでしょう。

【子供にいい影響を与える家庭環境とは】

幼児教育を行う上で家庭環境はとても大事です。夫婦仲が悪い、子供の前でも喧嘩をする、家族仲が悪い、家が散らかっている、仕事が忙しく子供と向き合う時間がない、夫婦での教育観が違うなどという家庭ではいくら幼いころから幼児教育を熱心に行っても子供にいい影響はなく、才能も開花しません。

【まとめ】

家庭環境で親の態度や行動が子供に与える影響はとても大きいのです。子供の意見に耳を傾け、一人の人間として尊重しながら生活していく家庭でありたいと思います。
親は子供の行動を影からそっと見守る程度にして最低限の手助けをする存在でなければいけません。そして家庭での様々な経験を活かし、最終的には子供自身が自立して社会に出ていけるようにする事が家ky教育の最終目的であると言えます。

 - いろいろ

  関連記事

  おすすめ記事