最近のがん治療のポイント

  1. 早期発見ができるようになってきています。
    CTスキャンやPET検査、MRIなど、検査技術が進化してきています。
  2. 納得できる治療方法が選べるようになってきています。
    早期発見とがん告知が一般化してきたことで、セカンドオピニオンを検討する人も増加してきています。
  3. 入院日数が短期化しています。
    医療技術や抗がん剤の進歩により、入院日数は短縮の傾向にあります。診療報酬制度の改定も入院日数の短縮を促しています。
  4. 通院治療が増えてきています。
    副作用の少ない抗がん剤などの登場で、入院ではなく通院による治療も増えてきています。通院治療により、今まで通りに働けなくなり、収入が減ることも考えられます。

がんの保障について考えるということは、がんの治療費の補填としてよりも働けなくなったときの収入の減少について考えるということの方が、大きなテーマだと思います。

医療保険・がん保険をご検討されている方へ

「可能性のあること」に対応できるか確認してみましょう

今の状況が続くとは限りません。
大切なのは「可能性のあること」に常に対応できるかどうかです。

  • もし高額療養費制度の見直しにより、高額療養費の自己負担がさらに高額になったらどうされますか?
  • もし医療費の自己負担額が引き上げになったらどうしますか?
    高齢者の方もどうされますか?
  • もし日本で未承認の、抗ガン剤の処方・投与の場合、その治療費負担をどうされますか?

より確実なライフプランを考えてみましょう

ガンの再発や長い通院治療に備えて、最新型のがん保険をお考えになりませんか?

おおよそ2人に1人が、一生のうちに『がん』と診断されています。

男性61.6%
女性46.2%

(公財)がん研究振興財団『がんの統計’17』年齢階級別罹患リスク(2013年罹患・死亡データに基づく)全がん

保険相談ならグローバルライフプランニング

グローバルライフプランニングでは『保険無料相談』を承っています。是非ご利用ください。044-872-8139(ご予約制)営業時間:9時~18時※保険無料相談フォームはこちらです

投稿者プロフィール

遠藤 博之(Hiroyuki Endo)
遠藤 博之(Hiroyuki Endo)
グローバルライフプランニングの代表の遠藤博之と申します。
ブログ上では多くの情報をお伝えできませんが、少しでもお役に立てればと思います。
どうぞよろしくお願いします。