がんによる障害の考え方

悪性新生物(がん)による障害の程度は、組織所見やその悪性度、一般検査及び特殊検査、画像検査等の検査成績、転移の有無、病状の経過と治療効果等を参考にして、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定されます。
(国民年金法施行令別表による1級と2級・厚生年金保険法施行令別表による3級)

抗ガン剤による副作用が重なると、障害等級2級に該当するケースもあります。
骨転移により障害等級2級に該当するケースもあります。

障害等級2級に該当するケース

  • 動悸がひどくて動けない。
  • 手がしびれて仕事ができない。
  • めまいがひどい。
  • 倦怠感がひどくて起きられない。
  • かかとが痛くて歩けない。
※末端神経障害+倦怠感+めまい+痛み・・・・=動けない
baloon_businessman_onepoint
ひとごとだと思わず、万が一に備えることも大切です。

保険相談ならグローバルライフプランニング

グローバルライフプランニングでは『保険無料相談』を承っています。
是非ご利用ください。

フリーダイヤル 0120-919-877(ご予約制)

営業時間:9時~18時

※保険無料相談フォームはこちらです

投稿者プロフィール

遠藤 博之(Hiroyuki Endo)
遠藤 博之(Hiroyuki Endo)
グローバルライフプランニングの代表の遠藤博之と申します。
ブログ上では多くの情報をお伝えできませんが、少しでもお役に立てればと思います。
どうぞよろしくお願いします。