生命保険の保険料払込期間はいつまでにする?

終身保険、終身医療保険、終身がん保険など、一生涯保障の保険の保険料払込期間をいつまでにするかは悩まれることかもしれません。終身払に対し、保険料払込期間を設定するということは短期払ということです。

ポイント「60歳払い済み」
「65歳払い済み」
「70歳払い済み」

あるいは「10年払い済み」
などが代表的なものです。

短期払いのメリット・デメリット

短期払いは、期間が短いほど総払込保険料が少なくなります。
お得になります。(最近はその例外もありますが。)
しかし、特定疾病保険料払込免除特約を付加した場合、あまり短い払込期間ですと、その分高い保険料を支払う意味が薄れると思います。

※特定疾病保険料払込免除特約:特定の疾病で所定の状態になった場合に保険料が免除される特約

人生100年時代だから考えておきたいこと

定年までの60歳とか65歳というケースが多いとは思いますが、人生100年時代、70歳位まで仕事をされる方も多いと思います。

代表遠藤 解説
遠藤
私は70歳払い済みをお勧めしています。

70歳前にお仕事をお辞めになられても、残り数年の保険料なら一括前納も可能な金額だと思いますし、70歳までの期間であれば、三大疾病での保険料払込免除に該当することも多くなると思います。
保険料払込期間も慎重にご検討されるべきだと思います。

こちらも併せてお読みください

終身医療保険 短期払について

生命保険で対策を

生命保険で生活資金の対策をすることも可能です。

baloon_businessman_onepoint
生命保険を上手に活用していきたいですね!

保険相談ならグローバルライフプランニング

グローバルライフプランニングでは『保険無料相談』を承っています。
是非ご利用ください。

フリーダイヤル 0120-919-877(ご予約制)

営業時間:9時~18時

※保険無料相談フォームはこちらです

投稿者プロフィール

遠藤 博之(Hiroyuki Endo)
遠藤 博之(Hiroyuki Endo)
グローバルライフプランニングの代表の遠藤博之と申します。
ブログ上では多くの情報をお伝えできませんが、少しでもお役に立てればと思います。
どうぞよろしくお願いします。