生命保険における生活保障の準備状況

バルーン_ビジネスマンがアドバイス
就業不能への備えはしていますか?

生命保険文化センター平成30年「生命保険に関する全国実態調査」によると、

  1. 世帯主が病気やケガの治療や入院した場合の医療費の準備としては、52.2%
  2. 世帯主が万一の場合の資金準備としては、48.6%
  3. 配偶者の病気やケガの治療や入院した場合の医療費の準備としては、43.7%
  4. 世帯主の老後の生活資金の準備としては、32.5%
  5. 世帯主が要介護状態となった場合の介護資金の準備としては、18.7%
  6. 世帯主が病気やケガのため長期間働くことができなくなった場合の生活資金の準備としては、19.3%

となっています。
就業不能への備えは、病気やケガへの備えの半分以下です。
長寿化が進む時代の新しい家計のリスクである、【働けなくなったときの収入減少】をどのように準備しましょうか?

生命保険で対策を

生命保険で生活資金の対策をすることも可能です。

baloon_businessman_onepoint
生命保険を上手に活用していきたいですね!

保険相談ならグローバルライフプランニング

グローバルライフプランニングでは『保険無料相談』を承っています。
是非ご利用ください。

フリーダイヤル 0120-919-877(ご予約制)

営業時間:9時~18時

※保険無料相談フォームはこちらです

投稿者プロフィール

遠藤 博之(Hiroyuki Endo)
遠藤 博之(Hiroyuki Endo)
グローバルライフプランニングの代表の遠藤博之と申します。
ブログ上では多くの情報をお伝えできませんが、少しでもお役に立てればと思います。
どうぞよろしくお願いします。