「保険」についてよく悩むパターン(掛け捨てのがん保険の加入時期)

掛け捨てのがん保険。

焦る父と子
若いうちはがんにかかる可能性が低いし、ずーっと掛け捨てで支払続けるのって勿体ないなぁ・・・。
baloon_businessman_onepoint
「保険」についてよくこのようなお悩みをお持ちの方がいらっしゃいます。

「そもそも、掛け捨ては勿体ない?」
「加入するならいつ頃加入するのが良いのか?」
「該当の疾患にかかる可能性が低い、低年齢の時期から加入する必要があるの?」

様々なパターンで悩むことがありますが、弊社では低年齢の時期からの加入をお勧めする場合があります(もちろん状況により最善策は様々です)。
それでは、掛け捨てのがん保険を例に挙げてみましょう。

掛け捨てのがん保険で悩むパターン

  1. 「掛け捨ては勿体ない!一生加入しなくても良い!貯金していざという時に備える予定。」
    バルーン_ビジネスマンがアドバイス
    がん診断一時金が本当に自分で準備できる金額か一度確認してみましょう。
  2. 「加入する意思はあるが、今はかかる可能性が低いのでもう少し歳を取ってから加入したい。」

    バルーン_ビジネスマンがアドバイス
    現在の年齢と入る可能性の高い年齢の累積保険料を比較してみましょう。

小さなお子さんこそ、しっかり考えておきたい がん保険

掛け捨てで一生涯保険料が変わらない保険の場合、お子さんが低年齢のうちに加入した方が、生涯トータルした保険料が安く済む場合もあります。
また、低年齢でご契約される方が月額が安く済む場合も多いため、将来お子さんご自身の負担が非常に軽くなる場合もあります。

弊社では家族構成や重視されるポイントに合わせてご提案いたします。
お気軽にフリーコールまでお問い合わせください。

保険相談ならグローバルライフプランニング

グローバルライフプランニングでは『保険無料相談』を承っています。
是非ご利用ください。

フリーダイヤル 0120-919-877(ご予約制)

営業時間:9時~18時

※保険無料相談フォームはこちらです

投稿者プロフィール

事務スタッフ 麦(Mugi)
事務スタッフ 麦(Mugi)
グローバルライフプランニング(川崎市中原区/武蔵小杉、武蔵中原、武蔵新城エリアの生命保険代理店)の事務スタッフ「麦」です。 家では5歳児(♀)の母です。どうぞよろしくお願いします。