悪性新生物(がん)とは

悪性新生物(がん)とは、上皮組織由来の「がん」や筋肉や骨からできる肉腫、骨髄組織由来の「白血病」その他を指します。

一生のうちにがんと診断される人の割合

  • 男性 62.7%
  • 女性 46.6%
ビックリした若い女性
誰でもかかるかもしれない病気なのね!
(公財)がん研究振興財団「がんの統計’16」

がんの三大治療、知ってますか?

ではがんに罹患した時にどういう治療を受けるのでしょうか。

がん治療についてのポイント

  • 通院による治療が増加しています。
  • 治療が多様化しています。手術・放射線・抗がん剤・ホルモン剤・先進医療など。
  • がんは再発のリスクがあります。

がんに罹患した人が受けた治療法(複数回答)

  1. 手術 74.5%
  2. 放射線治療 30.4%
  3. 抗がん剤治療 70.5%
  4. ホルモン療法 18.9%
がんの種類やステージや体の状態や年齢などを考慮して、この3つの治療法のいずれかもしくは組み合わせによる治療が一般的です。
東京都福祉保険局「がん患者の就労等に関する実態調査(平成26年5月)資料編」

ガンの仕事や収入への影響

こちらの記事をお読みください。

ガンの仕事や収入への影響

がんの長患い 家計への長期にわたる重い負担

がんの長患いにより家計の負担も考えられます。

がんの長患い 家計への長期にわたる重い負担

がん保険選びのポイント

  • がん治療の開始前または初期段階に、まとまった資金が準備でき、先進医療や自由診療といった治療方法の選択肢が選べること。
  • 治療が長期化した場合の経済的負担に備えられること。特に通院治療の場合。
  • 再発予防を目的とする抗がん剤・ホルモン剤の投与や処方を受けた場合でも給付金が受け取れること。
  • 翌年の再発でも給付金が受け取れること。(がん発病から1年~2年の間)
  • がん診断(上皮内がんを除く)後の保険料払込が免除となること。

こんなところが、最新のがん保険の特長と言えます。

上皮内新生物(上皮内がん)とは?

上皮内新生物(上皮内がん)とは?

保険相談ならグローバルライフプランニング

グローバルライフプランニングでは『保険無料相談』を承っています。
是非ご利用ください。

フリーダイヤル 0120-919-877(ご予約制)

営業時間:9時~18時

※保険無料相談フォームはこちらです

投稿者プロフィール

事務スタッフ 麦(Mugi)
事務スタッフ 麦(Mugi)
グローバルライフプランニング(川崎市中原区/武蔵小杉、武蔵中原、武蔵新城エリアの生命保険代理店)の事務スタッフ「麦」です。 家では5歳児(♀)の母です。どうぞよろしくお願いします。